株式会社ケーシーエル シルトプロテクター 汚濁防止膜 ICタグ管理 広島 東広島 リース事業部

リース事業 海上資材

海洋計画において欠かすことの出来ない汚濁処理システム

シルトプロテクターは、設置条件や工事内容によって構造が定まります。つまり、海象・気象などの綿密な調査に基づいた設計となります。
人間の知恵とハイテク技術がうまくマッチした「シルトプロテクター」。海洋計画にあったシステム、タイプをご利用ください。

シルトプロテクター垂下型Aタイプ
  • ■設計有儀波高/約1.5m以下
  • ■設計流速/0.5m/s以下
  • ■フロート径/ 600mm
  • ■フロート形状/連続
  • ■カーテン生地・引張強度/
  •     800・500(kg/3cm)
  • ■ウエイトチェーン重量/10(kg/m)
シルトプロテクター垂下型Bタイプ
  • ■設計有儀波高/約1.0m以下
  • ■設計流速/0.2m/s以下
  • ■フロート径/ 400mm
  • ■フロート形状/連続
  • ■カーテン生地・引張強度/
  •     500・300(kg/3cm)
  • ■ウエイトチェーン重量/5(kg/m)
シルトプロテクター垂下型Cタイプ
  • ■設計有儀波高/約0.8m以下
  • ■設計流速/0.1m/s以下
  • ■フロート径/ 300mm
  • ■フロート形状/連続
  • ■カーテン生地・引張強度/
  •     500・300(kg/3cm)
  • ■ウエイトチェーン重量/5(kg/m)
シルトプロテクター垂下型Dタイプ


  • ■設計有儀波高/約0.5m以下
  • ■設計流速/0.05m/s以下
  • ■フロート径/300mm
  • ■フロート形状/単独
  • ■カーテン生地・引張強度
    •   300(kg/3cm)
  • ■ウエイトチェーン重量/5(kg/m)


概略図 《A》

シルトプロテクター垂下型A概略図



概略図 《B》

シルトプロテクター垂下型B概略図


概略図 《C》

シルトプロテクター垂下型C概略図


概略図《D》

シルトプロテクター垂下型D概略図